情報系高専生から物理学徒へ

やっと物理系になれた人のブログ

高専からの編入生について

以前から高専からの編入について何か記事を書きたいと思っていました.

ちょうど最近進振りが終わったようなので,高専についてやら編入のシステムやらを書きたいと思います.

 

高専高等専門学校の略で,5年間の一貫教育で大学工学部卒並の専門性を持った人材を育てることが目的の高等教育機関です.

中学を卒業後に入学することができ,卒業すると短大卒と同じような学歴を持ちます.

とても大雑把に言うと,5年制の工業高校のようなものです.

卒業後は,約半分が就職し,残りの約半分が進学します.

進学先の大半は国立大学工学部(特に技科大)と各高専の専攻科(2年間さらに高専に在学することで大卒並の学歴を得るところ)となっています.

実は,ほとんど(たぶん全て?)の国立大学の工学部では高専からの編入を受け入れているんです.

高専5年生のときに各大学が作成する編入試験を受け,それに合格すると来年度からその大学の3年次に編入することができます.

 

東大工学部でも,毎年約15人ほど高専からの編入生を受け入れています.

編入試験は数学,物理,英語となっており,数物に関しては大学初年度の範囲を含みます.

編入生に進振りはなく,受験時から志望していた学科の3年次に編入初年度から在籍することになります.

ただし,東大では「編入生は3年以上学部に在籍していないと卒業できない」という決まりがあるため,編入生は強制的に一年間留年することになります.

なので,「進振り先が決まっている2年生」とほぼ同じ状態となります.

2年次編入みたいなものだから楽ができるかというと,そんなことはありません.

東大は高専在学時の単位をあまり認めてくれないのです(涙)

初年度のSセメスターでは教養系の単位を集めなければならないのですが,これが編入生にとってはとても大変です.(多くの編入生は,英語一列・二列,二外8単位,生命科目,総合科目A~D8単位,総合科目E~F8単位,主題科目2単位をSセメスターのうちに取ります.キャップ制は適用外です.語弱はつらい…つらい…)

Aセメスター以降は進振りを終えた2年生と同じ感じで授業を受けます.

 

 

これで高専からの編入生の立ち位置が分かってもらえると幸いです.

なお,今年度の各学科の編入生の数の内訳は次のようになっています.

物工(私含む):2

計数:2

EEIC:4

機械系:2

航空宇宙:2

精密:2

建築:1

農学部:1(※来年度から農学部は編入生の募集を打ち切るようです)